2016/08/05

旅ブログでアクセスを集まらない理由は記事の書き方かも

作ったばかりの旅ブログにアクセスを集めるのは、至難の業です。

無料ブログサービスであれば、同じサービスのユーザーからの流入が見込めますが、そうでない場合、ブログを始めてしばらくはだれも訪問者がないと日が続いてもおかしくありません。

しかし、ブログを作って、1か月以上、ほとんど毎日更新しているのに、アクセスがゼロとか一桁という場合は、記事の書き方に問題があるのかもしれません。


スポンサーリンク


旅好きすぎて情報がマイナーすぎる


旅ブログでアクセスを集まらない理由は記事の書き方かも


旅慣れている人は、日本人が良く行くような場所の情報を書くのは退屈だし、面白くないと思うかもしれません。

しかし、実際には、あまりマイナーすぎる場所の情報は、必要としている人が少なくて、というかいなくて、だれもアクセスしてこないという可能性があります。


タイトルにキーワードが入っていない

旅の情報というのは、通常複数のキーワードを入力して検索されます。例えば、「場所+交通手段」という具合です。

ですから、タイトルにそれらのキーワードが含まれていないと、検索にヒットしない可能性があります。

タイトルは、その記事の内容にあったもので、検索されやすいと思われるキーワードを含めたタイトルを付けましょう。


単なる個人的な日記になってしまっている

旅ブログというと、「旅日記」のように思ってしまう人がいますが、これではなかなかアクセスが集まりません。

例えば、「今日は、朝起きて○○を食べて、どこどこへ行った。とても~~な感じがしてよかった・・・」という、旅日誌的なものは、何を言いたいのかよくわからない記事になってしまう可能性があります。

その人個人の、一日の行動を書いたものというのは、個人の思い出としては意味がありますが、旅の情報を探しているユーザーにとっては、読みにくく不便なものにすぎません。

旅ブログで稼ぐなら、「旅の記録」ではなく、「旅の情報」を書くように意識してみましょう。


スポンサーリンク